IronX(アイロンエックス)のICOコンセプト

2010年に設立されたIronFXは、賞を受賞した世界有数のオンライン・外国為替取引ブランドで、10の取引プラットフォームと200以上の取引可能な商品を備えています。 IronFXは、ヨーロッパ、アジア、中東、アフリカ、中南米の180以上の国の小売業者および法人顧客にサービスを提供し、30以上の言語でサポートしています。 FCA(英国)、ASIC(オーストラリア)、FSCA(南アフリカ)、CySEC(キプロス)の四つのプレミア規制当局によって承認され規制されているグループにて。

IronX(アイロンエックス) Exchangeは、既存のIronX(アイロンエックス) Exchange暗号アカウントと暗号化された通貨を使用して、IronFX Groupのオンライン取引プラットフォームへのポジション/エクスポージャーを効率的かつ迅速かつコスト無くシームレスに移行または移動することを可能にします。共通のバックオフィスのバックボーンと、IronFX Groupが提供するクラス最高のバンキングと決済方法を提供します。さらに、リスクマネジメント、口座管理、コンプライアンス管理に関する既存の蓄積された経験は、クリプトカロス取引から従来のオンライン取引へのエクスポージャー/ポジションの移動プロセスを促進するシームレスなブリッジとして使用されます。

IronX(アイロンエックス)のICO評価

総合評価:C

評価理由

IronX(アイロンエックス)は値上がり期待、調達規模は高評価となっておりますが、注目度、他の比較サイトでの評価は今ひとつな為、現時点では期待値は低いのではないかと見ております。

今後注目度等が上がってくるようであれば人気を集める可能性のあるICOとなるでしょう。

数値基準

各項目の数値は以下の情報を元に数値化しています。

注目度

注目度はSNSでの認知度を元に数値化しています。

Twitterのフォロワー数

~1000  1
1000~2000 2
2000~5000 3
5000~10000 4
10000~   5

値上がり期待

値上がり期待はトークンの発行数を元に数値化しています。

100億以上    1
10億~100億未満 2
1億~10億未満   3
5000万~1億未満 4
5000万未満    5

調達規模

調達規模は調達予定額を元に数値化しています。

~10万ドル      1
10万~100万ドル    2
100万~1,000万ドル  3
1,000万~5,000万ドル 4
5,000万ドル~     5

上場期待

上場期待は運営チームメンバーの情報を元に数値化しています。

チーム不明         1
チームメンバーの実績なし  2
企業の上場実績あり     3
仮想通貨のICO実績あり   4
仮想通貨のICO実績多数あり 5

ICOボーナス

ICOボーナスはトークンセール参加でのボーナスを元に数値化しています。

ボーナス無し 1
最大10%   2
最大30%   3
最大50%   4
最大50%以上 5

比較サイト評価

比較サイト評価は他ICO比較サイトの評価を元に数値化しています。

IronX(アイロンエックス)のICO概要

コイン名:IronX

シンボル:IRX

カテゴリー:金融

プラットフォーム:Ethereum

参加可能通貨:ETH, BTC, Fiat

トークンセール開始日:2018-11-01

トークンセール終了日: 2018-12-15

調達予定額:50,000,000 USD

発行上限:82,308,213

IronX(アイロンエックス)のチームメンバー

Markos A. Kashiouris

Founder & Chairman

Markos Kashiourisは、2011年3月からIronFX Groupの最高経営責任者を務め、2013年2月から会長を務め、2010年1月にIronFX Groupを共同設立して以来、取締役の1人を務めています。不動産、国際フランチャイズ/ブローカレッジ、金融サービス、20年以上のキャリアにおけるオンライン取引。カシューリス氏は2000年に主に不動産に焦点を当てた投資会社であるテラキャピタルを設立し、2008年ロンドン証券取引所のAIM市場でアグア・テラの上場を成功させました。
また、ロンドンには専門の住宅ポートフォリオを保有しています特にイギリスの公共部門に彼はイングランドとウェールズの公認会計士協会(FCA)、Chartered Institute of Marketing(ACIM)のアソシエイト、チャータード証券投資研究所(MCSI)のメンバーです。
カシューリス氏は、FSAに登録された証券担当者(レベル3)でもあります。彼はロンドンのJPモルガンとコメルツバンク・セキュリティーズに勤務し、2001年と2002年のエクセル・サーベイで最高の評価を受けました。カシューリス氏はマンチェスター大学の計量経済学の学士号とUMISTの戦略的マーケティングマネジメントの修士号を取得しています。彼は現在、青いフェニックスの役員および幼児のためのバスケットボールのインキュベーターであるアノルトシスバスケットボールクラブのメンバーとして勤務しています。
IronFXヨットでは、Kashirosis氏がキプロスのエントリーを組織し、2017 ORC世界セーリング選手権と2018 ORCヨーロッパセーリング選手権に参加しました。そこでは、IronFXヨットがCorinthian Classでそれぞれ5位と2位になりました。

Dimitris Hatzis

Chief Executive Officer

ディミトリス・ハッツィス氏は、投資銀行業務、資本市場、レバレッジド・ファイナンス、債務再編、ならびにオンライン取引(CFD&FX)における23年の国際経験を有するシニア・バンキング・プロフェッショナルです。 )。
IronFX Groupでは、フロントエンドとバックエンドの両方で、さまざまな部門や機能にまたがるすべてのビジネス開発と業務に全責任を負っていました。 IronFX Groupに入社する前は、2003年1月からEFG EurobankのEFG Eurobankで、レバレッジドファイナンス部門の責任者および地域投資銀行部門の責任者を務めました。
EFGユーロバンクに入社する前は、グローバルインベストメントバンキングおよびアシスタントディレクター、Schroders、Salomon Smith Barney、LondonおよびNew Yorkのシティグループ(1994-2001)で副社長兼副社長を務め、世界的に50以上のIPOヨーロッパ、アメリカおよびアジアのいくつかの国際的なコーポレート・ファイナンス・アサインメントを担当しました。彼はケンブリッジ大学経営学科(3奨学金受領者)とリーディング大学のビジネス経済学士(ファーストクラス)のMPhilを務めています。

Stefanos Kashiouris

Chief Risk & Exchange Officer

Stefanos Kashiourisは2010年9月からIronFX Groupのチーフ・リスク・オフィサーを務めました。IronFX Groupに入社する前は、当初は資産運用責任者および投資管理委員会のメンバーとしてFxProで3年間働いていました。 彼は上級執行責任者に就任した。 FxProの前は、ロンドンに拠点を置く不動産ファンドのアナリストでした。 CySECの自己勘定証書の執行と取引、FSAの証券&デリバティブ(レベル3)ライセンスを保有しています。 彼はまた、有価証券投資研究所(ACSI)の附属書でもあります。 カシューリス氏は、ロンドン市立大学で数学と財務の学士号を取得し、カスビジネススクールでは財務修士号を取得しています。

IronX(アイロンエックス)のICO運営情報

販売ページ:https://ironx.io/

ホワイトペーパー:https://ironx.io/IronX_WP_Version_1.2.pdf

SNS:https://twitter.com/IronXExchange

IronX(アイロンエックス)のICO動画説明

IronX(アイロンエックス)のツイート検索