MINDOL(ミンドル)のICOコンセプト

MINDOL(ミンドル)は日本の中で眠っている、埋もれている才能やコンテンツをマイニングして、日本を世界へアピールするための「日本応援プロジェクト」です。

インフルエンサー

投票選ばれたインフルエンサー100名に対してトークン保有者が投票。比例配分方式により総額最大10億円を100人で競い合います。多数票を獲得できたインフルエンサーは1人で数億円ゲットできる可能性もあります

絵師コンテスト

MINDOL(ミンドル)をテーマに絵を描いてくれる「絵師」を募集。コンテストを行います。多数のエントリー作品の中からMINDOL(ミンドル)社が審査をして100の入賞作品を決定します。賞金総額1000万円で作品集も出版されます。

ファン参加型アニメ制作

第1弾「そらのおしごと」アニメ化決定!完全新作書き下ろし作品で、大空と航空学校を舞台に織りなすアクション青春ファンタジー。MINDOL(ミンドル)保有者が当アニメ制作に様々な形で直接参加できる場を提供していきます。協力:防衛省

MINDOL(ミンドル)のICO評価

総合評価:E

評価理由

MINDOL(ミンドル)も詐欺ICOである可能性が非常に高いので注意しておく必要があります。

5月30日に海外資本を受け入れオーナーが変更となった事、6月に上場予定としていた暗号通貨取引所ZaifからMINDOL(ミンドル)の上場予定は無いと公式に発表された事、会社概要と特定商取引に基づく表記内で記載されている運営会社は同じにも関わらず会社の住所が違う事等々怪しい点がいくつもあります。

MINDOL(ミンドル)の主要メンバーに芸能人のテリー伊藤氏が入っている事や松居一代氏がブログでMINDOL(ミンドル)に投資している事を公表した事から注目度は高いと言えますが、参加する事はオススメ出来ないICOになります。

数値基準

各項目の数値は以下の情報を元に数値化しています。

注目度

注目度はSNSでの認知度を元に数値化しています。

Twitterのフォロワー数

~1000  1
1000~2000 2
2000~5000 3
5000~10000 4
10000~   5

値上がり期待

値上がり期待はトークンの発行数を元に数値化しています。

100億以上    1
10億~100億未満 2
1億~10億未満   3
5000万~1億未満 4
5000万未満    5

調達規模

調達規模は調達予定額を元に数値化しています。

~10万ドル      1
10万~100万ドル    2
100万~1,000万ドル  3
1,000万~5,000万ドル 4
5,000万ドル~     5

上場期待

上場期待は運営チームメンバーの情報を元に数値化しています。

チーム不明         1
チームメンバーの実績なし  2
企業の上場実績あり     3
仮想通貨のICO実績あり   4
仮想通貨のICO実績多数あり 5

ICOボーナス

ICOボーナスはトークンセール参加でのボーナスを元に数値化しています。

ボーナス無し 1
最大10%   2
最大30%   3
最大50%   4
最大50%以上 5

比較サイト評価

比較サイト評価は他ICO比較サイトの評価を元に数値化しています。

【要注意】MINDOL(ミンドル)のICO概要

コイン名:MINDOL

シンボル:MDL

カテゴリー:エンタメ

プラットフォーム:Ethereum

参加可能通貨:BTC, ETH

トークンセール開始日:2018-06-01

トークンセール終了日:未定

調達予定額:240,000,000

発行上限:240,000,000

【要注意】MINDOL(ミンドル)のチームメンバー

Fumihiro Fukuhara

MINDOL株式会社 代表

テリー伊藤

株式会社ロコモーション 代表

有賀達也

株式会社タッチプランニング 代表

【要注意】MINDOL(ミンドル)のICO運営情報

販売ページ:http://mindol.jp/

ホワイトペーパー:http://mindol.jp/wp/wp-content/uploads/2018/04/wp.pdf

【要注意】MINDOL(ミンドル)のICO動画説明

【要注意】MINDOL(ミンドル)のツイート検索